イベント紹介 EVENT ARCHIVE

HOME > EVENT ARCHIVE イベント紹介 > シンポジウム/レクチャー

シンポジウム/レクチャー

鑑賞&レクチャー / 現代美術鑑賞講座

現代美術鑑賞講座とスペイン料理を楽しみながらの夕べ
ピカソ、ミロなど20世紀絵画~戦後アメリカ・ヨーロッパの抽象表現主義
~現代ミニマルアート~現代まで
  • 日時:2011年10月1日(土)15:00~18:00 鑑賞&レクチャー後、月島もんじゃストリートにて懇親会予定(希望者のみ別途)
  • 主催:レイアートスクール / BLOG
  • 料金:8,500円 (入館料・レクチャー/軽食料金含む)
  • 場所:Museum at Tamada Projects 東京都中央区月島東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2F
  • 企画:野瀬佳枝(Grace Plus Crossグレースプラスクロス代表)
講師:木村要一 同志社女子大講師 元「美術手帳」編集長、成安造形大学教授

<学会活動>
アメリカ合衆国国務省文化交流局招待 (主要都市美術館視察)
スウェーデン国王政府招待
1986 西ドイツ政府招待
1986 北欧五カ国閣僚会議招待(訪問記者団副団長)
1986 EXPO‘90国際花と緑の博覧会 「花博写真美術館」理事」 記念特別講演講師
1997 「ウィリアムモリス展」(京都国立近代美術館、NHK主催) 記念特別講演講師
2000 近畿広告連盟作品展審査委員長」 他多数

ゲスト講師:玉田俊雄 Museum at Tamada Projects主宰

フジテレビギャラリー設立メンバー:企画・仕入・販売の総括責任者として国内外でマーケティング。内外の美術館展覧会企画、及び数々のアートプロジェクトプロデュースを行う。国公私立美術館のコレクションアドバイス業務から新設美術館設立コンサルティング、建築デザインプラニングなど、アートフィールド全般でオールラウンドに活動。20世紀マスターから現代アートまで取り扱う世界のトップギャラリスト兼アート総合プランナー。
《社会貢献事業:NPO活動》
「小さな町の展覧会」綜合プロデュース、「サン・ヴィゴールド・ミュー礼拝堂プロジェクト」事務局長兼総合プロデューサー:経団連の第一回国際貢献芸術文化事業としフランス、ノルマンディー地方の崩壊した15世紀建築の礼拝堂を美術作品として再生。「小貫政之助回顧展」プロデューサー(小田急美術館)。「世界の名画展」総合プロデューサー(土蔵テンポラリーミュージアム)、バーレーン第24回ビエンナーレ展国際審査委員。「メドゥサン・デュ・モンド チャリティーオークション」総合プロデュース(於フランス大使公邸) 他美術館展覧会プロデュース、オークション事業多数 NPOアートシンクタンク設立準備委員、NPO法人「にっぽんMUSEUM」顧問

スペシャルゲスト

世界で活躍するスペインのトップアーティスト・ホセ・マリア・シシリア。
当日は来日中のため、特別ゲストとして参加をお願い致します。作品も鑑賞可能。
http://www.tamada-pj.co.jp/art/sicilia_2008.html

  • 現代美術鑑賞講座とスペイン料理を楽しみながらの夕べ
  • 現代美術鑑賞講座とスペイン料理を楽しみながらの夕べ

チャリティーパーティー / ACT FOR JAPAN

ACT FOR JAPAN チャリティーパーティー
  • 開催:2011年4月1日
  • 主催:Team "ACT FOR JAPAN"
  • 企画:株式会社Civic Art
  • 会場:Temporary Contemporary (Museum at Tamada Projects)
  • 料金:入場¥1,000 ドリンク¥500~
  • 協賛:GRAND MARNIER

アーティスト、クリエイターによる3.11被災地チャリ ティーアクション「ACT FOR JAPAN」によるチャリティーパーティー。
復興を目指してこれからを生きていく人々を、少しでも支援したい。お金や物資だけじゃなく、気持ちから元気になれる仕組みを生み出したい。ACT FOR JAPANは、そんな思いでつながったアーティスト、クリエイターによる活動です。アートを創り出す人と、アートを楽しむ人が一つの力となり、被災地、そして、日本を元気にしていくプラットフォームになることを目指します。

2011年3月15日 TEAM "ACT FOR JAPAN"

プレゼンテーション参加者
玉田俊雄(NPO法人「にっぽんMUSEUM」)
窪田研二(Japan Art Donation)
徳光健治(GALLERY TAGBOATチャリティ・アート作品販売)
長内綾子(東北地方太平洋沖地震復興支援アートアクション「いま、わたしになにができるのか?─3331から考える」)
藤本兵馬(SAVE TOHOKU PROJECT)
開発好明(39ART)
松下康平(ART FOR CHARITY JAPAN──東日本大震災復興支援プロジェクト)
米田智彦(YELL ART project)
近藤ヒデノリ(ACT FOR JAPAN)
蓮井幹生(写真家)スライドショー&トーク

ACT FOR JAPAN  株式会社Civic Art   GRAND MARNIER

出版記念展覧会 / 朝日新聞出版

「空想 皇居美術館」出版記念展覧会
  • 日時:2010年5月10日(月)~16日(日)
  • 開催場所:TEMPORARY CONTEMPORARY at Tamada Projects
  • 主 催:朝日新聞出版
  • 共 催:タマダプロジェクトコーポレーション
  • 出品作家:彦坂尚嘉、五十嵐太郎、新堀学、松田達 他
  • 新堀学

新刊『空想・皇居美術館』(朝日新聞出版)の【キャッチーな口上】

内容は《平成の奇書》というものです。

日本には大英博物館やルーブル美術館のような巨大美術館がない。だったら、それを広大な敷地をもつ皇居に作れないだろうか?

辛酸なめ子をフチャーした禁断2色特色カラー印刷
の図版ページ、実写とCG,手描きドローイングの入り乱れる4色カラー頁!
このカラー図版の対比が目眩を起こします。

タブーを打破する彦坂尚嘉の不敬罪的論考と、政治評論家・御厨貴や社会学者・宮台真司、さらに右翼・鈴木邦男を交えた座談会という文章ページが展開されています。

朝日新聞出版 / 5月20日発売 2940円(税込み)A5版 総頁224
絶賛発売中です。

セミナー・講演 / NPO法人ニューロクリアティブ研究会

NPO法人ニューロクリアティブ研究会の第4回セミナー「創造する脳~一人ひとりの美のカタチ」
  • 日時:2009年10月27日
  • 会場:TEMPORARY CONTEMPORARY

近年日本でも注目を集める“脳”。今回のニューロクリアティブ研究所における講演会ではライブアートパフォーマンスや、脳科学研究所の専門家も含め、脳と創造性を探るその名の通り脳を刺激するセミナーとなりました。

ライブアート~何故ヒトら美は必要か?」ライブペインティングアーティスト 西村記人
講演「美の創成と脳科学」玉川大学 脳科学研究所 塚田稔
「脳の右側で描く、ワークショップ」アートアンドブレイン 斎藤由江
座談会「私が創る美の物語-それぞれの命の輝き-」
NPO法人ニューロクリアティブ研究会 オフィシャルサイト

シンポジウム / アートシンクタンク年次総会

にっぽんmuseum(特定非営利活動法人)年次総会および特別講演会
  • 日時:2006年7月22日(土)
  • 会場:TEMPORARY CONTEMPORARY
  • ピアノ演奏、セッション:随時

身の回りのことがらにアートの魅力を吹き込むことで、新しい文化的な価値観を創出し、より豊かで活き活きとした社会を提案する「アートシンクタンク」。

この団体の人材育成部門にあたる「にっぽんmuseum」が、ひとあし先にNPO法人化を果たしました。「日本全国、まるごと美術館にしよう」を合言葉に、「子ども向け絵本制作講座」「朗読で楽しむ美術書講座」「街のソムリエ養成講座」、また月島をベースにした「写真講座」など魅力的な講座が始動しています。

「にっぽんmuseum」の年次総会が開催され、「OGGI JAPAN」の協力による特別講演会が行われました。女性の生き方と社会、アートとの関わりについての興味深いお話に耳を傾け、アートに囲まれてグラスを傾ける、楽しい午後となりました。

にっぽんmuseum/OGGI JAPAN

レンタルスペースでのイベントについて

当スペースにて開催された、様々なイベントをタイプ別に紹介しています。企画の際には、是非ご参照ください。

レンタルスペースで過去に行われたイベントについて

これまでに開催されたイベントについては以下の一覧ページにも詳細を掲載しています。

ダウンロード用資料

PDFファイルの閲覧はAdobeReaderをご利用ください。
Get ADOBE READER
会場地図

会場案内

レンタルスペースのご相談受付:月~金曜、10:00~18:30
電話:03-3533-0880 メール:info@space-tc.com
104-0052 東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2F  [会場アクセス詳細]

Asahi warehouse 2F, 1-14-7 Tsukishima, Chuo-ku, TOKYO, 104-0052

東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線 月島駅7番出口より右手奥徒歩2分